スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。の人気衰退について考察する。

内容はタイトルの通りです。
いつか書こうと思っていたネタです。

「ニワカが何を言う!!」
って気もしますが、
モーニング娘。の人気低迷とは要は自分みたいなニワカファンの減少そのものでありますので、
昔からのファンの意見より案外いいこと書けるんじゃないかと思っております。

ただ散々言いつくされた話題ですので
これといった新しいことはないかもしれません。
この記事を書くにあたっていくつかのサイトを見てみましたが
やはり言おうとしていたことはしっかり書かれていました。

それはさておき本題に入りたいのですが、
思いつくことはいくつもあっても書くのは案外難しいです。

まずモーニング娘。の歴史(人気に焦点をあてたもの)の概観をとらえる必要があります。
いつ頃が全盛期でいつ頃から衰え始めたのか、とらえてみる必要があります。

ただ歴史の概観を取られるというのはピンポイントで見るより難しい気がします。
結構物事って緩やかに動いていくものですからね。
日本は明治時代に大規模な変革があったわけですが、
江戸時代以来の経済成長の延長線上にも捉えられる訳で、
概観をつかむというのは案外大変な作業になります。

モーニング娘。の人気も、
誰かが卒業してそこから極端に下がったんなら話はわかりやすいんですが
案外緩やかな低下なんですよね。
まあ人気にダメージを与えた事件や出来事もあったとは思いますが、
ホントに致命的なダメージを与えたものっていうのはない気がします。

CDの売り上げを見ても緩やかな減少です。
http://ww5.enjoy.ne.jp/~f-image/cddatabase.html

あと人気の衰退の原因を見るということは、
逆に人気があったころの人気の要因を見ることと直接つながるわけで、
なかなか難しい作業になります。

人気というのは漠然とした概念ですので、
人気の有無を判定するのもそれなりに難しいことになってくると思います。
モーニング娘。の曲が好きな人がいればバラエティでの姿が好きな人もいれば写真集見てにやにやしている人もいるわけで、
それらをまとめて人気云々言うわけですからね。

まあ漠然とした話は漠然としたままとらえた方がいいのかもしれません。

本題に入る前にだらだら書いてたらそれなりの量になってしまいました。
具体的な考えは別の記事にします。

スポンサーサイト
プロフィール

サンケベソ

Author:サンケベソ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。