スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長の野望 天道 クリアー!!

信長の野望 天道をクリアしたのでその感想です。


たしかPS3版が出たのが去年の3月くらいですぐ買ったと思います。
買ってしばらくしてからほとんどやらなくなって今年の春休みに再開しただけですが、
クリアに丸一年かかったことになりますね。

信長の野望シリーズに限らずよくあることだとは思うのですが、
途中まではかなり面白いです。
小さな勢力から少しずつ大きな勢力になっていくのはなかなか気持ちがよいです。
別に簡単だから気持ちがよいわけではなく、結構大変です。
というのも最初の段階ではほとんど勢力の規模に差がないので、正面から挑んでも勝てません。
たしか相手の領地を少し奪っては奪い返されるというのを繰り返して徐々に弱体化させていったと思います。
多分もっとうまい方法はあるんでしょうけど。

中規模な勢力になると他の勢力を割とあっさり呑み込めたと思います。
ただこの時期になると各地に「地方の覇者」みたいなのが出現します。
途中からはその「地方の覇者」同士の争いになります。
奥州を南部家、関東から北陸にかけてを武田家と北条家が変な形に二分し、近畿とその周辺の東海くらいまでを織田家、四国を松永、中国を毛利、九州を島津と大友が二分…という形になったと思います。

自分はとりあえずベタに織田家でプレイしていたのですが、清州城(愛知)から石山御坊(大阪)くらいまでを制覇したところで中国地方をほぼ制覇した毛利氏と激突しました。
たしか最初に激突したときは織田家の周辺の情勢がよくなくて停戦に持ち込みました。
不定期に来訪してくる僧侶を連れていくと交渉が100%成功するんですよね。
で、停戦期限が切れた途端にお互いがお互いの領地に攻め込んだんだと思います。
自分が山陰方面から鳥取の方に攻め込んで、毛利が山陽から攻め込んできたので正面衝突にはなりませんでした。

結果は両方の戦線でこっちの勝利でした。

いや~多分そこが一番感動的でしたね。

たしかそこら辺を境に毛利は衰退していきましたね。
東からは我が織田家が、西からは大友やら島津やらが攻勢をかけて一気に弱体化していました。

なんか思いのほか長くなったんで続きは別の記事に書きますかね。
ホントはもっとレビュー的なことを書くつもりだったんですがなんかただのプレイ記録になってしまいました。

とりあえず1本目、2本目はこのままの流れで3本目でレビュー的なことを書こうか・・・
でも信長の野望を3本立てとか誰得?って感じだし…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンケベソ

Author:サンケベソ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。