スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀

おいしい
こんにちは。四毛別です。
ギルティのことばっかり書いててもギルティわかんない人は面白くないと思うので多少はいろんな人にもわかる話題を

そう、麻雀です。
僕はよくネット麻雀をするのですが、リアル麻雀とは違って切断、という行為があります。
これは麻雀に限らずネット上でゲームをする際には切っても切れない存在です。切断だけに



・・・



さて、この切断という行為は基本的に、①終盤で逆転がほぼ不可能な状態に陥ったり、②早い段階で自分の負け色が濃厚になったりした人、が行うもので、特にネット麻雀に多いとされています。
そして、僕はこの行為が好きではありません。気持ちはわかりますけども

今回僕が遭遇したのはちょっと変わったタイプの切断でした。
切断したのは僕から見て上家と下家の2人。下家は②のパターンだったのですが、上家はというと…
この前々局、上家は親倍ツモって一気にトップへ躍り出ました。それに気を良くしたのか、価値を確信してか、このアガリを期に切断してしまったのです。切断は問答無用で4位扱いだと思うんですが、この人は何がしたかったのでしょうか。

そしてオーラス、2本場なのは前局が流れたためです。僕の親番でした。とはいえ1位とは約35000点差。連荘狙いのアガリ優先で手を作って行こうと思ったのですが、配牌は見るも無残な状態。これでは逆転手はおろか、アガリすらも危ぶまれる。半ば諦めかけていたのですが、第一ツモで2pが重なり、ピーンときました。ピンズだけに


・・・


最初の画像でわかってると思いますが、チートイツです。
ようやくテンパイしてドラの東と7pどちらで待つかといったところなわけですが、7pは対面がかけたリーチに対してとても怖いところだったんですが、ここまできたら、という感じで欲を出して東待ちでリーチ
運よく7pは当たらず、スルーしてもらえました。
あとは画像のとおりです

一発で、しかもトップからドラが出たことで、無駄に長丁場になることもなくトップをとることができました
何事も最後まであきらめないことが重要ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンケベソ

Author:サンケベソ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。