スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモとスマートフォン

ドコモが最近よくアクセス障害などを頻繁に起こして問題になっています。
根本的な原因はスマートフォンの普及に伴う通信料の急増らしいです。

ちょっと前からドコモという会社については思うところあったので記事にしてみたいと思います。
今のスマートフォン業界において日本企業というのはいまいち元気がありません。日本国内ですらアップルやサムスンなどの躍進を許していますし、海外でまともにシェアを争うことのできている企業などほとんどありません。

そしてその原因はある面ドコモにあるんじゃないかと思っています。

というのもスマートフォンが日本で誕生していた可能性があり、ドコモはその可能性を潰してしまったのではないかと思っているからであります。

スマートフォンの定義はいろいろあると思うのですが、結局のところ携帯電話が高機能化したものです。そして携帯電話の高機能化といえば日本は最も進んだ国でした。その割には日本企業はスマートフォン市場でリードしているとは言えず、日本の所謂ガラケーがスマートフォンとされることもありません。

日本の携帯電話の高機能化といえば
・音楽再生が可能である
・ワンセグ対応でテレビが見られる
・赤外線通信でアドレス帳や画像の交換ができる
・Felica対応により電子マネーとしても使える
・カメラを搭載し、機種によってはデジタルカメラ並みの画質で写真が撮れる。
などといった機能が代表的です。

かなりいろいろな機能が加わっていったものですが、こうしてみるとネット関係の機能はあまり発達していません。
そしてこれが日本のガラケーとスマートフォンの大きな違いであると考えています。

たとえばどんなに高画質な画像が撮れても、日本の携帯電話の多くはそれをメールで送ることができません。縮小して送ることになります。
3G回線だ、FOMAだ、FOMAハイスピードだ、などと言われても、携帯電話向けのサイトはシンプルなままで発展がありません。PCサイトが見られる機種もありますが、スマートフォンに比べると実用性は低いです。

ドコモがiモードのサービスを開始したしたときは、すごいサービスだということで世界中から注目を集め、今でもその評価は高いそうです。しかし結局そこで止まってしまったわけですね。

今思えば携帯電話の性能は5年くらい前から頭打ちでした。目新しい新機能も出て来なくなっていました。携帯電話向けのサイトも、それほど進化がありませんでした。
しかし発展の余地がなかったかというとそういうわけではありません。でなければスマートフォンの躍進などありえません。
一番の発展の余地が残されていたのはネット関係の機能であったと思います。まずはPCサイトの閲覧を実用的なレベルにする必要がありました。PCサイトの閲覧に本気で対応すれば、自然とCPUやらRAMやらのスペックを挙げることとなります。そうするとアプリの幅などが広がっていき、スマートフォンライクなものが誕生していたのではないかと思います。

しかし日本の通信キャリアと端末メーカーの関係からして、端末メーカーにとってネット関係の強化はなかなか手の出しずらい部分であったと思います。
ドコモと端末メーカーの関係を見たときに、端末メーカーはドコモの下請けである、的な意見はしばし見かけるものです。端末メーカーの作る機種は、あくまでドコモのサービスを利用するための機種に過ぎないということだと思います。
それに真っ向から対立するのはアップルのような会社であるというのもまた良く聞く話です。
ホントかどうか知りませんが、ドコモはアップルにiモードへの対応を要求し、アップルはそれを拒否している、というような話はこの構図を理解する上で非常に分かりやすい例だと思います。

端末開発において、通信キャリアが大きな影響力を持つのは一向に構わないと思います。
しかしだったら、通信キャリアは常に新たなサービスの模索を続ける必要がありました。

つまり数年前の段階で、NTTドコモ主導で携帯電話の革新が起きるべきでした。まずはPCサイトへの本格対応。それから独自のOSを開発し、各社に提供するくらいしてほしかったと思います。OS開発というと、おそらく資金や労力が必要な作業で、さらに一度完成した後もそれを継続する必要があります。それができるのは、経営体力などからしてドコモくらいだったのではないでしょうか。

しかし日本企業はもはや発展の余地の少ない部分での、開発競争を続けてしまいました。
やがてネット関係の機能が大幅に強化された、iPhoneなどの外来のスマートフォンが登場すると、これに太刀打ちできる機種はありませんでした。

するとドコモは対抗軸としてAndroidという外来のOSに頼らざるを得ませんでした。

しかしAndroidを搭載したスマートフォンの利用状況をドコモは把握できず、トラフィックの増加への対応も後手後手に回ることになりました。
そうして引き起こったのが最近のアクセス障害です。

何とも残念な話だと思います。


そしてドコモについて残念に思うことがもう1つあります。
ホントはこの話がメインの話のつもりでしたがオマケになってしまいました。
ドコモと端末メーカーとの関係は、下請けメーカーのようなものであり、それが日本の携帯電話の革新を阻害したと考えています。
しかしスマートフォンの普及の流れに逆らえないとなると、ドコモはサムスンなどの海外メーカーとの関係を強化することになりました。
日本の端末メーカーからすれば、ドコモの要求するような端末を作り続けた結果、シェアを海外メーカーに奪われ、ドコモはその海外メーカーとの結びつきを強めているわけですから、あまりよい話ではありません。

もちろんビジネスとはそういうものかもしれませんし、auやソフトバンクも似たようなところがありますがさほど問題には思っていません。
ではなぜドコモだけが問題であるかというとそれはドコモに国策企業的な側面があるからです。

ドコモの国策企業的な側面と、さらにこれまでの端末メーカーとの関係からして、ドコモには日本メーカーと心中してほしかったと思います。

そのためにも、Androidなどのような外来のOSではなく、独自OSを開発するくらいの覚悟を見せてほしかったです。


それにしても、今のスマートフォンのブームを踏まえて数年前の高機能化競争を見てみると、何ともバカらしい競争をしていたなと思います。

要求レベルの高いユーザーや技術力のある企業など、日本でスマートフォンが誕生し、発展した可能性もあっただろうに…と思っても所詮結果論というか後の祭りというか何とも空しい話です。

誰に責任があるとも思いませんが、誰かがスマートフォンを生み出すことができたとすれば、それはNTTドコモだったんじゃないかと思うわけですね。
あるいは通信キャリア主導の端末開発から脱却する企業が現れてもよかったのですが…結局キャリア、メーカーともに既存の収益システムに安住してしまったわけですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンケベソ

Author:サンケベソ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。