スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B'zを語る

時が流れるのは早いもので5月になってしまいましたが、4月はイマイチ更新しませんでした。
あんまし更新が途絶えるのは好ましくないので無理にでも更新してみたいと思います。

とはいえ更新してこなかったというのは書きたいテーマがこれといってなかったからな訳ですから、
無理にでもといっても特定のテーマで語るのは難しそうです。

なのでB'zに関する雑談めいた話でもしようかと思います。

(この記事をダラダラ書いていたらB'zが韓国人歌手に楽曲提供などいうニュースが出てきました。それついて思うところはまた別記事で書きたいと思います。)

B'zというと人それぞれ様々なイメージがあると思うのですが、売上記録がプロフィールの中で重要な地位を占めると思います。

CD総売上、オリコン首位獲得数、ミリオンセラー獲得数と、大抵のランキングでB'zは1位です。

じゃあB'zが日本で一番人気かというと案外そうでもなくて、ミスチルなんかの方が人気がある気がします。

でも売上で言えばB'zが一番なわけで、そういう奇妙な存在感の持ち主だと思います。

まあその辺の思うところは後々記事にしたいと思います。

B'zが様々な記録を持っているのは、上で述べた通りですが、特に偉大だと思うのが13作連続ミリオンセラーという記録です。これは91年から96年の6年間に達成しれました。
まず6年間にわたって人気を維持したのがすごいです。
いくらCDが売れてた時代とはいえミリオンセラーはなんだんだ大ヒットです。
単に人気が安定していただけでなく、相当高い水準で維持しないとこの記録は生まれません。

90年代というと多くの大ヒットアーティストが生まれたわけですが、それらのアーティストがミリオンセラー連発の状態を維持できたのはせいぜい2,3年程度が限界でした。
しかもその2,3年の楽曲が全てミリオンセラー級のヒット曲かというとそうでもありません。大抵の場合は大ヒット局に挟まれて中ヒットくらいの曲があったりします。

一方でビーズの場合は13作連続であるわけで、とにかく圧倒的な記録であるわけです。


その中でも一番売れたのが愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけないです。

この曲が一番売れた曲ということには少々違和感を感じます。
特段完成度や高い曲だとは思いませんし、ファンの間でもそこまでの人気があるとは思いません。
大ヒットドラマのテーマソングなどでもありませんでした。

なんというか、B'z最大のヒット曲であるということが、そのままこの曲のアイデンティティであるような、そんな奇妙な存在であると思います。

奇妙な存在感という意味ではB'zの楽曲の中におけるこの曲と、日本の音楽界におけるB'zの存在感には共通性を感じたりもし
ます。

他のヒット曲を見てみるとMOTELなんかも興味深い存在です。
所謂売れ線とは程遠い曲で、当時のB'zの他のヒット曲とは雰囲気が全然違います。
個人的にも元々は苦手な曲で、まともに聴いたのはファンになってからしばらく経ってからでした。
逆に今ではシングル曲の中で1位2位を争う程好きな曲であるわけですが。

そんな感じで楽曲の印象だけで言えばよく売れたなあといった曲なのですが、130万枚くらい売れています。

こういう楽曲も含めて13作連続のミリオンセラーを達成したのは偉大だなと思うわけであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サンケベソ

Author:サンケベソ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。